波照間島に行った話

雑記

波照間島へ行ってきました

6月に波照間島へ行ってきました。

特に行く予定は元々なかったのですが沖縄へ行く用事があり、せっかくなのでついでに離島へ行こうという軽いノリで沖縄本島に住んでいる友人を誘い行ってきました。

もちろん飛行機も宿もフェリーの予約もしてませんでしたので、準備を始めたのは全て出発の4日程前です。

 

波照間島までへのアクセス

私達は沖縄の本島にいましたので、石垣島までは飛行機を利用しました。

朝の早い便であった為か、はたまたシーズンではなっかた為か、4日前の予約でも空席がありました。

予約していたオリックスレンタカーで新石垣空港から石垣港へ向かいました。

フェリーの予約はしていなかった為、当日券があるかは賭けでしたが(駄目だったら石垣島のゲストハウスに泊まる気満々でした)、こちらも運良く空席があり購入し波照間港へ向かいました。

波照間島へついてからは予約していた民宿’’けだもと荘’’のけだもとさんが車で迎えにきてく

れました。(乗るフェリーの時間が決まった時点で、けだもとさんに電話を入れていました)無事宿に到着です。

 

感想とオススメポイント

波照間島には青い海や有名なcafe、美味しい居酒屋などオススメポイントはたくさんあります。

ですが、今回の旅で感動したことは、まずは宿です。’’けだもと荘’’は見た目は古き良き家屋という感じですが、隅々まで清掃が行き届いていて、本当に綺麗でした。

また自転車や海で遊ぶ為のフィンやゴーグルの無料貸し出しがあったのも嬉しいポイントです。朝食や送迎、島観光も含み3000円でしたのでとてもお得だと思います。

観光名所の日本最南端の碑までは、迎車の時に連れて行ってくれました。

宿主のけだもとさんはとても温厚で、宿泊客ともすぐに仲良くなれるので、お客さん同士も打ち解け合う事ができ、素敵な旅の思い出を作る事ができました。

そして、もう一つは星空です。波照間島は小さな島で人口も少なく、街灯もポツリポツリとあるくらいなので、夜になると真っ暗になります。

その為、88ある星座のうち86個の星座を見る事ができる島だそうで、本当に星に手が届きそうなくらい目の前に広がる満天の星空は今でも脳裏に焼き付いています。

思いつきの旅でしたが、今度はちゃんと計画してもう一度訪れたいと思えた魅力的な島でした。

 

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました